トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

BugTrack-R備忘録/38

R備忘録 /状態空間モデリング/donlp2/その他のメモ

R備忘録 - 記事一覧

空間統計

  • 投稿者: みゅ
  • カテゴリ: なし
  • 優先度: 普通
  • 状態: 完了
  • 日時: 2009年06月29日 13時50分42秒

内容

  • 空間統計
  • おいおい、内容はちゃんとしていく予定

参考図書

  • The R Book データ解析環境Rの活用事例集 - 第10章 Rで空間統計学
  • SPlusによる統計解析 - 第14章 空間統計学
  • 空間データモデリング
  • gstat user's manual

クリギング - 地球統計学

  • ここでは主に地球統計学によるクリギングを扱うことにする.
  • クリギング自体は、単なる観測データの加重平均.
  • 空間従属性を推定することが、主な作業となる.

空間従属性 - 定常性を持つ確率場

  • 文献によって「強定常性」だとか「二次定常性」だとか、表現が異なるのが困る.
  • 強定常性を緩めたものが、二次定常性や本質的定常性ということらしい.が、文献によって強定常性と二次定常性が同じ仮定を考えているように見受けられるものもある・・・
    • 二次定常性を持つ確率場は、本質的定常性を持つ

二次定常性

E{S(x)} = μ

コバリオグラム

をコバリオグラムという

バリオグラム

等方的(isotropic)

  • セミバリオグラムが距離のみの関数の場合、等方的という

典型的なセミバリオグラム

つまりどういうことかというと

  • 二次定常性を持つ、確率場とは
    • 任意の地点xで、期待値がμ.つまり期待値は一緒.一定面の期待値を持つ
    • 共分散はhにのみ依存する.
  • 等方的とは
    • 共分散は||h||つまり任意の地点の距離のみに依存する
  • 典型的なセミバリオグラム
    • シルの存在は、二次定常性を示唆する
    • rangeより、遠い地点間では、相関は0
    • 距離が遠くなるほど、相関は0に近づく
    • つまり、距離が小さい地点間のS同士は、相関が高い.同じような値をとる.
    • 距離が遠い地点間のS同士は、相関が小さい、あるいは0.同じような値をとる傾向は小さい、または傾向はない.

NEXT