トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

BugTrack-donlp2の出力を読み解く/3

R備忘録 /状態空間モデリング/donlp2/その他のメモ

donlp2の出力を読み解く - 記事一覧

とりあえず「Rosenbrock Banana function」の結果を - stepsize selection

  • 投稿者: みゅ
  • カテゴリ: なし
  • 優先度: 普通
  • 状態: 着手
  • 日時: 2008年07月29日 09時54分38秒

内容

  • unidimensional search(1次元探索)
  • QPで「d」(減少方向)が決まった後の話

出力 1

start unimin

   phi= 3.3070e-001   dphi= -6.2536e-001    psi= 0.0000e+000 tau0/2= 5.0000e-001    --- 
    fx= 3.3070e-001  dscal= 1.0000e+000    scf= 1.0000e+000   upsi= 0.0000e+000     --- 
   sig= 1.0000e+000     fx= 2.5570e-001    psi= 0.0000e+000   upsi= 0.0000e+000    --- 
   sig= 2.0000e+000     fx= 1.6974e-001    psi= 0.0000e+000   upsi= 0.0000e+000    --- 
   sig= 4.0000e+000     fx= 2.0693e+000    psi= 1.5451e+000   upsi= 4.3639e-001    --- 

end unimin
  • ´
    • 1次元探索を始める前に現在の値を出力
    • phi : 現在のペナルティ項込みのペナルティ関数の値
    • psi : ウエイト調整後のペナルティ項の値
    • fx : 現在の目的関数の値
    • scf : 目的関数のスケーリング
    • upsi : ウエイト調整しない(アンスケールド)ペナルティ項
    • σを変化させながら1次元探索(1次元というより、1方向だが)
    • そのときの値を表示させている

出力 2

start unimin

   phi= 1.2591e-002   dphi= -4.1258e-005    psi= 0.0000e+000 tau0/2= 5.0000e-001
    fx= 1.2591e-002  dscal= 1.0000e+000    scf= 1.0000e+000   upsi= 0.0000e+000
   sig= 1.0000e+000     fx= 1.2570e-002    psi= 1.7333e-003   upsi= 4.5417e-004
   sig= 5.0000e-001     fx= 1.2575e-002    psi= 8.6666e-004   upsi= 2.2709e-004
   sig= 1.2500e-001     fx= 1.2586e-002    psi= 2.1667e-004   upsi= 5.6772e-005
   sig= 1.2500e-002     fx= 1.2590e-002    psi= 2.1667e-005   upsi= 5.6772e-006
   sig= 1.2500e-003     fx= 1.2591e-002    psi= 2.1667e-006   upsi= 5.6772e-007
   sig= 1.2500e-004     fx= 1.2591e-002    psi= 2.1667e-007   upsi= 5.6772e-008
   sig= 1.2500e-005     fx= 1.2591e-002    psi= 2.1667e-008   upsi= 5.6772e-009
   sig= 1.2500e-006     fx= 1.2591e-002    psi= 2.1667e-009   upsi= 5.6772e-010
   sig= 1.2500e-007     fx= 1.2591e-002    psi= 2.1667e-010   upsi= 5.6772e-011

end unimin
  • このケースでは、σをどんなに小さくしてもphiが小さくならなかった.
  • σの設定された最大値と最小値の範囲でステップサイズが求まらなかったケース
    • その場合には「B → I」にして、リスタートするらしい
 sig= 0.0000e+000  num. f-evaluations 0
 list of inactive hit constraints
none
restart with scaled unit matrix
  • このケースではそれでもステップサイズが求まらなかった.
termination reason:
stepsizeselection: no acceptable stepsize in [sigsm,sigla]

コメント